ビビアン(Vivian)カラコン

アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)を薬だけで完治させようというのには無謀な事だと言わざるを得ません。生活環境や楽しいことなどライフスタイル全般の在り方まで拡大した問診が重要になります。

基本的には慢性に移行するが、効果的な加療により病状・病態が統制された状態にあると、自然に治ってしまうことも予測できる病気だ。

内臓が健康かどうかを数値で計測してくれる特殊な機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、自律神経の状況を調べて、内臓のコンディションを把握することができるという革新的なものです。

化粧の長所:新しい商品が出た時の購買欲。素顔とのギャップが好き。様々なコスメにお金を費やすとストレスを解消できる。メイクアップ自体の興味。

ネイルのケアというのは爪を更に美しい状態にしてキープすることを目標に掲げているため、ネイルの違和感を知っておくとネイルケアのテクニック向上に役立ち無駄がないということができる。


「デトックス」術にはリスクやトラブルは本当にないと言えるのだろうか。そもそも体に溜まってしまう「毒物」とは一体どのような物質で、その毒とやらはデトックスで体外へ排出されるのか?

辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の素因には、1.腸内や表皮、肺、口腔内などの細菌叢(フローラ)、2.遺伝的要素、3.栄養、4.環境、5.その他の要素の説などを列挙できる。

肌の乾燥による掻痒感の要因のほとんどは、歳を取ることによる角質層の細胞間脂質と皮脂の減量や、メイク落としなどの使い過ぎに縁る肌の保護機能の消失によって発現します。

たとえば…あなたは今、PCを見つめながら頬杖をついたりしていませんか?この体勢は手の平からの圧力をめいっぱいダイレクトにほっぺたに伝えて、繊細な皮膚に余計な負荷をかけることに繋がるのです。

どちらにしても乾燥肌が生活や身辺の環境に深く起因しているというのなら、いつものちょっとした身辺の慣習に気を付けるだけで大部分のトラブルは解決します。


美容外科というものは、要するに外科学の一分野で、医療に主軸を据えた形成外科(plastic surgery)とは異質のものである。また、整形外科学(orthopedic surgery)と間違われることがよくあるがまったくもって分野の違うものである。

デトックス法は、様々な栄養補助食品の飲用及び岩盤浴などで、そのような身体の中の有害な物質をなるべく体の外へ流そうとする手段のことを言う。

スキンケアコスメで老化ケアをして「老け顔」にお別れを!お肌の性質をきちんと知って、自分に合うコスメを選び、適切なスキンケアして「老け顔」から脱却しましょう。

美容の悩みを解決するには、とりあえず自分の臓器の元気度を調査してみることが、問題解消への近道になるのです。それなら、一体どんな方法を用いれば自分の内臓の具合を調べられるのでしょうか。

無意識の内にモニターに見入ってしまって、眉間にしわを寄せ、且つ口角を下げたへの字口(余談ではありますが、私はシルエットから取って「富士山ぐち」と名付けています)になっているのではありませんか?これはお肌の大敵です。